東京で貸し会議室をお探しの方に是非とも確認しておいて頂きたい貸し会議室の情報等を纏めているサイトとなっています。

東京エリアの貸し会議室を格安で借りる為のコツなどを纏めたサイト

使用目的

バーチャルオフィスとして貸し会議室を利用しようという人も増えてきているようですね

更新日:

ゴージャスな雰囲気の貸し会議室

貸し会議室とレンタルオフィスの違いは何でしょうか。当初は利用期間の長さと考えられていました。しかし貸し会議室を長期に借りることもできます。

ならばバーチャルオフィスとして、貸し会議室を使うこともありでしょう。

代行サービスがあります

貸し会議室であっても、各種の代行サービスを手掛ける業者が増えています。もちろんコピーなどの秘書サービスがあります。

一方でバーチャルオフィスとして、固定電話や住所を提供してくれたり郵便物や電話を受ける代行サービスもあります。個人事業を始めたり地方の企業が都心に営業拠点を設ける場合、別途事務所を借りる煩雑さ、経費を軽減できます。

中途半端に雇う秘書よりも、有能なケースが少なくないですよ。

パートタイムオフィスとして

ネットを使って起業できる時代です。特定のオフィスを構えることは、固定費を増やすだけでありメリットはありません。とはいえ住宅街にある実家が住所だと、信用力はなさそうです。

そこで使いたいのが貸し会議室です。喫茶店で商談するのも落ち着きません。セキュリティの問題があります。一方で静かに戦略を練りたい時もあります。

営業先の近くで経営会議を開く場合など、貸し会議室は移動事務所として重宝します。

東京のサテライトオフィスとして

物流が自由になる時代です。人件費や地代の安い地方に工場や倉庫を作れば固定費が削減できます。とはいえ顧客が東京に集中しているならば、サテライトオフィスとして貸し会議室を利用しましょう。

東京の社員は通常外回りに徹し、業務報告などはネットを介した在宅ワークも可能です。必要に応じて会議室を借りれば、高い東京でのコストカットにつながります。

その分を商品価格に反映させれば、売り上げアップに貢献できます。

新しいビジネスモデルになります

工場や倉庫が必要となる企業ではない限り、今後固定したオフィスのニーズはなくなるのかもしれません。ならば手軽に使える貸し会議室で自由度を高め、新しいビジネスモデルを作りましょう。

\ シェアしてください /

-使用目的

Copyright© 東京エリアの貸し会議室を格安で借りる為のコツなどを纏めたサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.