ジム通いを検討していますが初心者がウェアを選ぶ時に気をつけるポイントはありますか?

ジムで懸垂をする男性の背中

汗がすぐに乾く動きを邪魔しないウェアを選んでジムで快適に運動をしよう

ジム通いを検討しているのであれば、そのための準備もいろいろと必要になってきます。その筆頭がウェア選びですが、果たしてジムを利用している人がどんな格好をしているのか、どんな服装を選べば浮かないのかいろいろ悩むものです。

最近では機能性に優れているものがたくさんありますから、快適に運動をできるものをチョイスしていきましょう。初心者であれば予算は10,000円から20,000円程度で十分です。

トップスは速乾性と通気性に優れているものを選ぼう

空調完備がしっかりとしているジムですが、運動をすると当然大量の汗をかきます。ですから、基本的にはTシャツかタンクトップで運動しているかたがほとんどです。

宣伝★ライザップ コース https://nicereply1997.com/raizappu/

スポーツメーカーのものを利用して吸汗性や速乾性、通気性に優れていて運動時に不快感を覚えない肌触りのものを選んでおくといいでしょう。

また、サイズ感に関してもビッグサイズのものがオシャレに見えますが、運動には邪魔です。Tシャツであれば袖まわりやウエストまわりが身体に適度にフィットしたもの、タンクトップはどんな動きをしても身体にピッタリときてズレにくいものを身につけてください。

寒い時期にはパーカーを用意

ジム内は暖かくても、寒い時期は運動後に汗をかき、シャワーでサッパリとした後は身体がすぐに冷えます。保温性に優れている薄手のウィンドブレーカーやパーカーを準備しておくのがおすすめです。

場合によっては運動中も着用できますし、暑くなったらすぐに脱ぎ着できますので1枚持っておくと安心です。

足捌きの邪魔にならないハーフパンツが人気

ボトムスは丈の長いズボンよりも、足捌きにわずらわしさを感じにくいハーフパンツが人気です。トップス同様に水分を素早く吸収して熱の篭らない素材であること、さらに伸縮性に優れている生地のものを利用してください。

男女共に、中にストレッチ素材のアンダーウェアを着用するかたが多く見られます。腰まわりや足まわりの動きをサポートして燃焼効率をアップするといった加圧性能があるものなども人気ですから、積極的に利用するといいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。